プチセラピで怒り・自己嫌悪・不安・後悔など嫌な気持やマイナスの感情をセルフコントロールする方法で快適な毎日を!

プチセラピ | マイナス感情をセルフコントロールする方法

プチセラピ > 「不安」をコントロール > 日ごろから前向きな言葉を自分に投げかける

                                               
 日ごろから前向きな言葉を自分に投げかける


 「不安」が原因として引き起こす行動の一つとして、ため息や愚痴があります。

 私たちは、知らず知らずのうちに、ため息を吐いたり、心の中で愚痴をつぶやいたりすることがあります。これらの行為は、過去の失敗を思い出したり、これから先のことに対して不安を持ったりした場合などに起こる行為といえます。

 「あ〜ぁ、明日の試験が上手くいくかどうか不安だ」「今度のセールスミーティングでしっかりとしっかりと説明できるかどうか不安だ」

 実はこの行為は、これらの言葉その一言一言によって、自分自身にマイナスの自己暗示をかけていることに他ならないのです。つまり、不安であることを言葉に発し、それを確認し、自分自身に言い聞かせていることになるのです。そしてこの行為によって、物事に対してネガティブに考えてしまう習慣を身につけてしまうことになるのです。

   もちろん、愚痴など独り言を言わないようにすることは、簡単なことではではありません。そこで、マイナスの独り言をやめるのではなく、日頃からポジティブな言葉を自分自身にかけるようにしてみて下さい。

 例えば、1時間とか半日と短く時間を決めて、その時間だけは自分自身にポジティブな言葉をかけるようにするのです。

 「疲れた」ではなく、「今日もがんばったな」

 「失敗してしまったな」ではなく、「上手く行かない方法を確認できたなぁ」

というように、敢えてポジティブな言葉をかけてみましょう。

 あなたの周りにいるポジティブ思考の人達は、ポジティブな独り言をかけてポジティブな気持ちでいられるのですから、あなたも彼らたちをまねしてみましょう。

 プチセラピのサイトマップ
「怒り」をコントロール /  「自己嫌悪」をコントロール /  「不安」をコントロール /  「後悔」をコントロール /  リンク集 /  サイトについて /  サイトマップ
Copyright (C) 2008 - プチセラピ, All rights reserved.