プチセラピで怒り・自己嫌悪・不安・後悔など嫌な気持やマイナスの感情をセルフコントロールする方法で快適な毎日を!

プチセラピ | マイナス感情をセルフコントロールする方法

プチセラピで自分自身の自己嫌悪をセルフコントロールして快適な毎日

プチセラピ > 「自己嫌悪」をコントロール > 失敗は成功へのステップであると考える

                                                 
 失敗は成功へのステップであると考える


失敗も「自己嫌悪」の原因の一つです。しかし、失敗することによって、あなたは間違った方法を知ることができます。その後、同じ場面に遭遇した場合、あなたは前回とった間違った選択肢をまず外すことができます。あなたはより少ない選択肢から正解を選べば良いのですから、より成功へ近づいていくことになるのです。

AからDの4つの選択肢から、あなたはAを選択してそれが間違った判断でミスをしてしまったとすると、次に同じ局面に接したとき、あなたはB、C、Dという三つの選択肢から、回答を選べばよいわけです。つまり、正しい解答を得る確立は25%から33%に増えることとなるのです。

もちろん、実際に事は単純に進まないかもしれませんが、失敗することは同じ失敗の可能性の芽を摘むことであると、考えてみることです。人間は誰しも失敗するものです。その失敗の過程において、私たちは多くのことを学ぶことができます。

そこで失敗に対して極度のマイナスイメージを持つのをやめて、成功へのステップであると考えてみてください。この考え方によって、あなたは失敗に対してプラス思考することができるようになります。

あるアメリカの偉大な発明家は、数多くの失敗を繰り返しました。しかし、最後には多くの発明をしてきたのです。多くの失敗がなければ、発明という成功はなかったことでしょう。

私たちは、失敗を恥ずかしいこと、みっともないことであると、幼いころから考えてきました。また、周りも失敗に対してはネガティブな反応をとってきました。しかしながら、失敗は間違った選択肢を一つずつ消去していくことであり、成功へのステップアップへの通過点だと考えるべきです。まさしく、「失敗は成功の元」といえるのです。

 プチセラピのサイトマップ
「怒り」をコントロール /  「自己嫌悪」をコントロール /  「不安」をコントロール /  「後悔」をコントロール /  リンク集 /  サイトについて /  サイトマップ