プチセラピで怒り・自己嫌悪・不安・後悔など嫌な気持やマイナスの感情をセルフコントロールする方法で快適な毎日を!

プチセラピ | マイナス感情をセルフコントロールする方法

プチセラピで自分自身の自己嫌悪をセルフコントロールして快適な毎日

プチセラピ > 「自己嫌悪」をコントロール > 自分自身を大切にする

                                                 
 自分自身を大切にする


 「自己嫌悪」という行為は、自分自身を精神的に傷つけることです。自分自身に厳しい言葉を投げつけたり、自己を否定するようなことを言ってみたりし、自分自身を嫌う行為です。そして、そのような自己攻撃により、ますますあなたは辛い思いをすることになります。

 逆に、あなたが自分にひどい言葉をかけなければ、あなたの心が傷つけられることはありません。たとえひどい失敗をしたとしても、あなたが自分自身を攻撃しなければ、あなたは落ち込むことはありません。

「私は最善を尽くしたのだから、仕方がないよ」「たまたま運が悪かっただけだよ」「次回同じような失敗をしなくてすむな」

 このように、自分に対して、優しく温かい言葉をかけてやってください。あなたの身体や精神はあなたのものですし、いい影響も悪い影響も直接あなた自身に、作用を与えてきます。あなたが、胃が痛くなったり、体調がおかしくなったりするなどの辛い影響を望んでいるのなら別ですが、そうでないのなら、自分を大切に扱ってあげ、優しい言葉をかけてあげてください。

大きなミスや失敗を起こしたときに、優しい言葉をかけてやることは最初は簡単なことではないかもしれません。そこで、日ごろの小さなミスを起こしてしまったときに、自分に優しい言葉をかけてやるように、習慣をつけることが一つの方法でしょう。そして、例えば次のような優しい言葉や自分を許してあげる言葉を、投げかけてあげるのです。

「失敗してもわたしの価値がなくなるわけではないよ」「人間にはミスはつき物だよ。次は失敗しなければいいじゃないか」

もちろんこの他にも、いろいろと優しく思いやりのある言葉はありますから、ご自身で考えてみてください。そして、優しい言葉をミスした自分にかけていくことは、他人のミスに対しても、同じように優しい言葉をかけることができるようになってくるはずです。

まず自分を大切にする気持ちを持つことが大切です。そして、自分へのいたわりの気持ちをもちましょう。そのような気持ちがあれば、自分を傷つける行為は少なくなりますし、ほかの人に対しても、寛大になっていけるでしょう。

 プチセラピのサイトマップ
「怒り」をコントロール /  「自己嫌悪」をコントロール /  「不安」をコントロール /  「後悔」をコントロール /  リンク集 /  サイトについて /  サイトマップ