プチセラピで怒り・自己嫌悪・不安・後悔など嫌な気持やマイナスの感情をセルフコントロールする方法で快適な毎日を!

プチセラピ | マイナス感情をセルフコントロールする方法

プチセラピで自分自身の後悔をセルフコントロールして快適な毎日

プチセラピ > 「後悔」をコントロール > 失敗しても仕方なかったと考える

                                                 
 失敗しても仕方なかったと考える


 後悔の念を抱かせる原因の一つとして「失敗」があります。私たちは不幸にして、失敗を完全に避けることのできるマニュアルを持っていません。そして、おそらく多くの人が、数多くの失敗をしてきたはずです。つまり、失敗は仕方のないものです。

 失敗とは成功すると思ってとった行動が、意に反して成功しなかった結果です。あなたは最初から失敗すると思って、行動はとっていないはずですし、失敗を望んでいて失敗したのなら、矛盾しているかもしれませんが、それは成功したといえます。

 ですから、失敗してしまったのは、たまたま運が悪かっただけだと考えてみるべきです。私たちは多くの失敗をしてきました。完全であったと思ったものが、蓋を開けてみると失敗してみたり、思わぬところで間違いを起こし、失敗してしまうことがあります。

 そこで、その失敗をあれこれ考えるのではなく、仕方がなかったものとして捉え、あきらめることによって、後悔することを防ぐことができます。

 しかし、そうは言っても「仕方がないからあきらめる」ことは、簡単にはできないでしょう。そこで、ひとこと、「仕方がなかったんだよ、しょうがないからあきらめよう」と、口に出してとつぶやくことを、お勧めします。言葉を口に出すことによって、その言葉はあなたの心の中に、やさしく刺激するはずです。

 「仕方がない」と考えることは、決してネガティブな考え方ではなく、「後悔」という、ネガティブ思考からあなたを解放してくれる、前向きな行動です。そして、そのような思考を持つあなたが、ネガティブな人間ではなく、前向きな人間であることを証明する言葉となります。

 どうしようもないほどの大失敗でもない限り、仕方がないと考えて、さっぱりとあきらめましょう。

 プチセラピのサイトマップ
「怒り」をコントロール /  「自己嫌悪」をコントロール /  「不安」をコントロール /  「後悔」をコントロール /  リンク集 /  サイトについて /  サイトマップ